専業主婦がお金を借りる前にチェックすべき3つのポイント

専業主婦がカードローンで後悔しないために、以下の3つのポイントをおさえている会社を選びましょう!
1つでも外してしまうと「借りられなかった」「家族にキャッシングしていることがバレた」「悪徳金融に引っ掛かった」という失敗をするので要注意!

専業主婦でも借りられる銀行カードローンを選ぶ

旦那の給料は全然上がらず、パートの給料を合わせても家計が苦しい月ってどうしてもありますよね。
パートなどで定期的な収入がある主婦なら「アコム」や「プロミス」などの消費者金融からも借りられますが、専業主婦は収入が無いため消費者金融では100%審査落ちしてしまいます。(貸金業法の総量規制というルールにて「年収の3分の1以上の貸付はしてはいけない」と決められているため)
その点、各種銀行が提供するカードローン商品には総量規制が適用されません。
無収入の専業主婦がお金を借りたいのなら、必ず「銀行カードローン」を選ぶようにしましょう!

来店不要、インターネット申し込みのみで完結できるところ

昔は銀行に来店して直接契約しないとお金を貸してくれなかったため、家族やご近所さんにバレることが多かったです。
しかし、今はインターネットの発達により、ネット申し込みのみでお金を貸してくれる会社が増えました。
ネットから申し込みをして、銀行口座にお金を振り込んでもらう「振込融資」という借り方が一番バレにくく専業主婦にオススメです。
どの銀行カードローンでもスマホからの申し込みにも対応しているので、さらにバレにくくてGOOD♪

大手で安心感のある銀行が運営しているところ

お金を借りると聞くと、違法な怖い取り立てや催促の電話がかかってくるイメージがありませんか?でもそれも昔の話。
今はCMや電車の広告で見かける大手の銀行カードローンなら、非常にクリーンな経営を行っていて違法な取立ては一切行っていないので、安心してお金を借りることができます。
聞いた事がない名前の銀行カードローンは、ヤミ金業者が勝手に名乗っているだけのケースが多いので、三井住友銀行や新生銀行のように誰もが知っている大手銀行を選ぶようにしましょう!

つまり、重要なのは、
専業主婦でも申し込めて、誰にもバレずに、安心してお金を借りられる「銀行カードローン」を選ぶ!という事。
この3つのポイントを満たしつつ、専業主婦ユーザーが選んだ人気のカードローンをランキング形式で紹介します。
お金を借りる前に是非参考にしてみてください。

専業主婦に人気のカードローンランキング

三井住友銀行カードローン

今すぐ借りたい専業主婦にオススメ!

・審査スピードは最短30分!
・契約から借入まで全てWEBで完結
・土日祝でも、夜9時まで申し込み可
・銀行ならではの低金利が嬉しい

金利 年4.0〜14.5%
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
(土日祝OK)
限度額 最高800万円
WEB完結

 

新生銀行カードローン レイク

無利息サービス狙いの人にオススメ!

・2種類の無利息サービスから選べる
・レイク公式アプリから楽々申し込み
・対応が女性スタッフのみの女性専用窓口あり
・24時間いつでも申込み可能

実質年率 4.5〜18.0%
審査スピード 審査結果を画面に表示
融資スピード 最短即日
限度額 1万円〜500万円まで
WEB完結

 

uaのスマホを持っている人は必見!

・限度額300万なら収入証明書不要
・借り換え・おまとめ可能
・最短即日融資

金利 [通常] 年2.2%〜17.5%
[AU割] 年2.1%〜17.4%
[AU割+借り換え] 年1.7%〜12.5%
審査スピード 即日可
融資スピード 即日可
限度額 主婦は30万円以内
WEB完結

こんな時代だからこそ、賢い専業主婦はこっそり持っているカードローン

安倍総理のデフレ脱却、3本の矢などが功を奏し、景気が良くなっているようなイメージがありますが、やはり私達庶民は相変わらず苦しい生活を強いられています。

×本当に好景気?一向に上がらない旦那の給料
×増え続ける保険料、年金、医療費
×子供の教育費、育ち盛りのため増える食費
×消費税増税で生活必需品もケチる日々

書いているだけで辛くなってきました・・・

 

これらに加え、冠婚葬祭費、急な病気による通院費や入院費、恥をかきたくないママ友とのランチ、同窓会の洋服代、おめかししたい時の美容室など、急な出費はどうしても発生してしまいます。

 

旦那に頼んでも「毎月の生活費で何とかしろ」の一点張り!
パートをしようにも家事や育児が忙しくてそんな時間は一切ないし…
だからと言って電柱やガードレールに貼っている明らかに怪しい金融会社からは借りたくないし…

 

そんな時に使えるのが専業主婦でも借りられるカードローンです。
「専業主婦=お金を貸してもらえない」というイメージがあるかもしれませんが、銀行のカードローンならパートやアルバイトで定期的な収入がなくても申し込むことができます。(←理由は「よくある質問コーナ」で詳しく説明しています)

 

専業主婦なので「収入証明書の提出」や「勤め先の在籍確認」の必要はありません。(働いていないので不可能ですよね)
基本的には「配偶者に安定した収入があるか?」という点を各銀行ではチェックしています。
え?それなら夫の会社に在籍確認が入ってバレるのでは?という疑問が出てきますが、その心配はいりません。
在籍確認は「申込者に対してだけ実施できる行為」なので、申込者が専業主婦の場合は自己申告情報(配偶者の年収)だけを頼りに審査をします。
申し込みの画面を旦那に見られた、本人確認の電話内容を横で聞かれた、という凡ミスがない限り旦那にバレる事はありません。

 

家族が、自分が、万が一のために今からしっかり準備するのがデキる主婦。
賢い女性は計画性を持ってカードローンを利用しているのですね。
もう旦那に頼っている時代ではありません。
女性がリードして家族や自分に投資していくことが最先端の生き方ではないでしょうか。

専業主婦がお金を借りる時の「よくある質問」

無収入なのに銀行カードローンに申し込めるのは何故?

消費者金融会社では、年収の3分の1以上の貸付をしてはダメという法的な縛り(貸金業法の総量規制というルール)がありますが、銀行カードローンは貸金業法の影響を受けないため、収入がない人にお金を貸しても法的には何ら問題はありません。
極端な話、審査にさえ通過すれば無収入のニートでも融資を受ける事ができます。
ただ、審査業務を一般的な大手消費者金融会社に委託している銀行がほとんどなので、返済できるアテ(配偶者や世帯主の収入)が無い限りは審査通過は厳しいのが現実です。

借入が旦那にバレちゃうケースって何がある?

専業主婦が銀行カードローンに申込んだ場合は、配偶者の同意書も在籍確認も不要なので、バレる危険性は少ないですが、敢えて挙げるなら次の事に注意して下さい。
・申し込み確認メールを見られた
・パソコンのアクセス履歴をチェックされた
・申込み後の確認電話に出られた
・郵送でカードを受け取るタイプの契約にして届いた郵便物の中身を見られた
・自動契約機に入っていく姿を目撃された
だいたいこれらの事に気を付けておけば旦那さんにバレる心配もありません。
うちの夫、パソコン系に強いから一発でバレちゃそう…という人はスマホからこっそり申込みをするのが一番ですね。

明日までに現金が必要なの!どうすればいい?

専業主婦が銀行カードローンを使ってすぐにお金を借りるための最短ルートは、
ネット申し込み⇒自動契約機で契約手続き⇒その場でカード受取り⇒備え付けATMで現金引き出しです。(備え付けのATMだけでなく、全国のコンビニATMも使えるのでカードさえ発行してしまえば、深夜でも借入可能です)
郵送でカードを受けるタイプにすると、バレやすい&カードが届くまで10日待ち、という最悪な結果になるので絶対に避けましょう!
また、振込による即日キャッシングも可能と言えば可能ですが、「指定の銀行口座を持っていないとダメ」、「平日の14時までに手続きしないとダメ」という条件をクリアする必要があります。
銀行口座を新規で作るのは簡単ですが、カードローンを利用するためにはキャッシュカードが必要になるので、カードが郵送で届くまで待たないといけません。銀行の営業時間というタイムリミットの事を頭に入れておかないといけませんね。

ママ友が貸してくれるって言ってるけど借りてもいいかな?

結論から言うと、一般人からお金を借りるのは絶対にダメ!
どんなに仲の良いママ友であっても、お金の貸し借りはトラブルを生んでしまいます。
旦那さんに告げ口されたり、近所の人に言いふらされたり、気が付けば「あの人とは付き合わない方が良い」なんて噂が広まる事もあるでしょう。
その点、銀行などは利息という手数料を取り、ビジネスとしてお金を貸しているので後腐れもなくドライなものです。
また、ビジネスである以上「守秘義務」は絶対なので、他人にバレるのでは?という心配をしなくて良いのも◎

結婚前に返済遅延した事あるんだけど借りれるかな?

銀行カードローンの借入審査では、消費者金融と同じく「個人信用情報機関」の情報をチェックしています。
主に、CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターの3つの個人信用情報機関の情報を見ているのですが、過去の返済遅延情報はある程度の期間蓄積されてしまいます。
個人信用情報機関によって情報が残る期間が異なるので下を参考にして下さい。(どちらも「遅延解消後から数えて」の期間です)
・CIC、全国銀行個人信用情報センター ⇒ 最長5年間
・JICC ⇒ 最長1年間
完済してから5年経過していたら審査通過の可能性は十分にある、と思っておけばOKです。